ジャパニーズファンタジーアニメ

世界アニメ市場を使った[かぐや姫プロジェクト]

もし歴史の流れが少し違えばこんな話も存在する世界があるかもしれない。

現代アニメは今やニッチな市場ではなくなり、日本のアニメは世界のアニメです。「竹の街」「細川ガラシャ」長岡京市を、昔話の竹取物語を使い、若い世代や外国人を中心に拡散させます。
2020年大河ドラマ「麒麟がくる」の細川ガラシャの誘致にもひっかけます。
ストーリーに長岡京市のお寺やお店の店主を絡ませることで、長岡京市文化をアニメの舞台として歴史に興味のない世代にアピールします。ストーリーに出てくる場所でのSNS拡散から長岡京市に観光客が訪れる流れを作り出します

世界的市場へ届け 歴史ある昔話の ジャパニーズファンタジー

ファンタジーはディズニーだけではない。
長岡京市の誘致にも使いながらも、 日本古来の昔話を現代アニメを使って文化ファンタジーとして配信します。 日本でのアニメ産業は1兆8253億円と言われています。 海外では日本アニメ需要が多いと言えど7,676億円市場です。 ただし、日本アニメ市場の拡大と共に、海外市場も増えているのも 事実です。 現在アニメ市場の拡大を語るに外せないのが「コミケ」の市場の存在です。 その経済効果は180億円とも言われ、今や若者文化と確立しつつあります。 従来のアニメ市場に加えて、コミケ市場の2方向から拡散させる事により 「ジャパニーズアニメ文化」の強さを打ち出し、海外アニメ市場に 大きく広がるコンテンツになります。